「山には冬の気配」

2002年11月17日(日)くもり一時晴れ




ヒメシャラの不思議な模様。


花水川河口でメッキを狙うもボウズ。
時間が早かったので、函南原生林を歩いてみることにしました。
今日はグループで来ている方が数組いたので、原生林も少しにぎやかでした。

紅葉を期待していたのですが、赤くなっているカエデは一部で、ほとんどが黄色でした。
ブナは黄葉しているものとすでに落葉してしまっているものとありました。同じ森の中でも生えている場所によってずいぶん違うようです。
カシなどの照葉樹は青々と葉をつけており、その対比が美しさを増しています。

上旬に来た時はぴんぴんで元気だったキノコ類がぐったりしていました。
山の中は秋が終わって冬が始まっているようです。