2002年7月6日(土)くもり時々晴れのち雨
「カモノハシ、忍野でネコと争うの図」

しまった!と思ったときは遅かった。
ネットはずぶずぶと忍野の川底へ沈んでいきます。
ネットって沈むんだ。金属製なのであたりまえといえばあたりまえなのですが、まざまざと見せつけられると感心してしまいます。
まあ浮かないので流されなくて良かったですが、どう回収しましょう?
フライはドライフライを結んでいたので、このままではネットに引っ掛けて持ち上げることはできません。
そこでガン玉をかませてサルベージすることにしました。
ナイスキャストでフライはネットに一直線。かかりました。すごい引きです。このままではロッドが破損してしまいます。
リーダーをつかんで一気に引き上げます。
もう少し!あ、切れた!再びネットはずぶずぶともぐっていきます。
よおし!リーダーを4X、フライをスカッドに替えて再挑戦じゃー!
ここではっと気がつきます。
別に釣る必要ないじゃん。棒でひっかけて取ればいいじゃん。
幸い木の枝を払ったらしく、たくさん積んであります。これを使ってネットは無事に回収できました。
なんかチンパンジーの知能テストみたいでした。

右のニジマスは好ファイターでした。
したのヤマメは鰓の下に傷。
釣られたんでしょうか?

今日は忍野に釣行。
山梨にアマゴ釣りか、千曲川の支流に行きたかったのですが、今週はちょっとへばってしまい近場に変更しました。
世附川も近いのですが、3週続けて行くと野生化してしまいそうなのでやめました。
そういえば先週は世附でサルに急襲され、デジカメを奪われるという緊急事態が発生しましたが、無事、物資の補給は完了しました。
今度のデジカメは「IXY DIGITAL200a」
です

一番上流にある漁協の駐車場に車を止め、9時半頃から釣り開始。
目立った虫はいませんが、ライズはあります。
しばらくてこずった後、ニジマスとヤマメが釣れました。
やれやれと少し上流を見ると、きれいな大きいニジマスがいます。しかも観察していると少し間抜けそうです。
間隔をあけて2〜3回フライを流すとかなり長い距離を追いかけてきてヒット。しかしものすごい勢いで抵抗され、惜しくもばらしてしまいました。
今日はバラシが多かったです。6匹くらいやってしまいました。
昼になると日が照ってきたのでおそばを食べて昼寝。天祥庵というお店でしたがなかなかおいしいおそばでした。

天祥庵のニワトリと
ニワトリと遊びたいのか、
別な目的があるのか、
ニワトリに関心を示すブルテリア

4時頃から釣り再開。
大き目のカゲロウが少し飛んでいます。
ライズも多くなっています。
大きなニジマスを見つけてチャレンジ。反応はするけど食いませんね。と、フライに別な魚が飛びつきました。
上げてみるとイワナです。これでニジマス、ヤマメ、イワナ。3魚種獲得です。
時間が経つにつれてカゲロウやトビケラが多くなりましたが、魚たちは別なものにライズしているようです。
フライも小さ目が良かったですね。

世界初のFFネコか!
私もやつとコンビを組むはめに
後ろに見えるのが
午前中に水没したネット

釣りの途中でネコをお供に釣っている人を見かけました。おお、フライフィッシング犬ならぬフライフィッシングネコか。
感心して写真撮影。
夕方この場所に来ると、さっきのネコがぽつんと座っています。単なるノラネコだったんですね。
人なつこいネコで、やつに誘われるようにこの場所で釣り始めます。日が傾いてきてライズが増えました。
ライズ音がするとネコがぱっとそちらを見ます。魚を捕まえる気なんでしょうか。
フライを投入してもなかなか釣れません。
しかしフライが見えなくなるまで釣り続け、ブラウントラウトとヤマメを取ることができました。


しかし、ネコはけっこうたいへんでした。
足元にからみつく。フライラインを前足に巻きつけてしまう。フライラインの上で寝てしまう。
ネットを取ろうとすると一緒に走ってくるので、ネットの柄であごを打ってしまう。
しまいには釣り上げた魚を食おうとする。
「じゃまだ。どけー」
どきませんでした。

次回は、手土産を持ってくるよ。




夏はもうすぐ